世界を歩いて投資をしよう

何か金めのもの・・・

ベルリン(ワイルドサイドを歩け)

ベルリンに来ている。

泊まってるゲストハウスの同じビルで下のイベントをやってて、僕も行きたくなった。

youtu.be

これは、参加者も1920年代風のドイツのボヘミア文化のカッコ(賭博師、ギャング、ボヘミアン、詐欺師とか)をし、なんか1920年代風のショーを観たり、タロット占いをしたり、踊ったりするらしい。
ヨーロッパの人ばっかり参加しているので、1920年代の映画のワンシーンに見え間違えがちになっちゃうけど、客は遊びに来た人達だ。
なんちゅうカッコいいパーティだろう。

こんな客にめんどくさい事をさせるのはドイツならではだろう。

 

上のパーティは日程が合わないので、ゲストハウスの店の人に別のショーを紹介してもらって、昨日行ってきた。

 

youtu.be

これは、すごいよ!。完全に魅了された。
・3枚目役の男性。
・絶対喋らない美人のクレオパトラみたいな女性
・かなり芸達者で、あえて、半音ずらしたり、遅らせて歌ったりしている女性
などが出てきて、魅惑、お笑いと展開があり90分間飽きない。

 

全員、服は脱ぐけど、すごいクオリティが高くて洗練されている。
僕は最初、観客は男しかいないだろうと思ったけど、女性が4割もいる。

ドイツは性に大らかで、文化が違うんだろう。

 

日本は、性は隠すものという認識が強いので、「日常」と「性」は離れたところにあるんだろうけど、ドイツは「日常」と「性」は近いのだろう。だから「性」のショーに笑いとかドラマがあってもOKと思うんだろう。


店で置いてあったパンフレットをもってきたんだけど、全部同性愛のモノだった。

f:id:horixx:20171019091732j:plain

(意図がよくわからないんだけど、こういう店には同性愛者の人がたくさん来るんだろうか?)