世界を歩いて投資をしよう

何か金めのもの・・・

ハンガリー(何か金目のもの)

ハンガリーを旅して、日本に持ってきて当たりそうなものは、あまりない。

(逆に、台湾を旅した時は、いいものはたくさんあった)
個人的には、ブダペスト中央市場ってところで売ってた「Fauna」という木製のおもちゃが独創的でとても気に入った。

何か意識の拡張があって、やさしさが伝わってくる商品。

www.faunatrade.hu

しかし、いくら、僕、個人が気に入ったとしても、日本の趣向に合いにくいかもしれない。

 

むしろ、逆に、吉野家丸亀製麺みたいな日本の外食産業が、コチラに来たら、うまくいきやすそう。

 

僕が安い店ばかり行くのが良くないのかもしれないけど(現地人にしたら安いわけではないだろうけど)、ハンガリーの外食産業はあまり美味しいとは感じない。

ハンガリー料理がまずいんじゃなくて、現地の人が友達同士でハンガリー料理を作ってるのを別けてもらったのはおいしかった。1度しか経験はないけど…。

 

 

しかし、ブログで調べて、美味しいらしい店に行っても、適当に選んだ店もあまりうまくない。(4つの店しかまだ行ってないけど)

なんというか、単調な味というか、まずくて食べれないわけではないんだけど、たぶん、ハンガリー人は人生を楽しむのが好きで、自分たちの料理はおいしくするけど、仕事でシェフやってる人達は、ついつい手を抜いてしまうじゃないかと思う。

 具体的に食べたものは、

f:id:horixx:20170914111949j:plain

(ビーフグヤーシュっていうハンガリーの代表料理らしい、誰かの旅行ブログでおすすめされてた店で、行ってみたけど外れだった。牛肉を単調な味のするソースで煮込みましたという感じで、うまみ成分が無いと言ったらいいのだろうか?なにか味の奥深さが無い。)

 

 

f:id:horixx:20170912135529j:plain

(ギロピタというギリシャ料理屋がいっぱいある、googlemapで一番人気の店で、人気の店で並んでようやく手に入った、ゲパブと違いがよくわからない、というかゲパブと同様、何を食べているのかよく分からない。ギロピタとゲパプを両方扱ってる店が多いので原材料は似ているんだろう。)

 

 

f:id:horixx:20170915115905j:plain

ブダペストの大学のそばで食べたもの何かよくわからない。塩辛さと肉の味が構成要素の様な感じがする単調な味付け)

 

 

f:id:horixx:20170915193204j:plain

(ここのみんなは、ポテトを食べてるので僕も真似て見た。アフガニスタン料理 ポテトの山と肉の山は飽きやすい。)

 

 

ハンガリー人が、道端でしょっちゅう、キスしてたり、今部屋の外で、日雇い労働者の塊がギターを弾いて歌ってるのをのを観てると、みんな楽しそうに暮らしてて「働くなんて、まっぴらだね」と思っていそうだ。

 

50年ぐらい前なら、海外で何か仕入れて日本で展開するのはよいかんがえだったかもしれない。セブンイレブンはアメリカから持ってきて、クロワッサンはフランスかどこかから持ってきて、今や、日本はコンビニでは世界一だし、パンのレベルもアジアでは一番と言われてる。

日本はもう世界中の物を十分にコピーして、逆に海外より優れている事が多いかもしれない。