世界を歩いて投資をしよう

何か金めのもの・・・

ベルリン(最終回)

火曜にようやく日本に戻って来て、実家にいる。

 

ベルリンで見つけた。

「ベルリンのボヘミア文化のクラブパーティ」が良いと思う。参加はできなかったけど

これを日本で実現しようと思う。ちょっと休んでから資料を集めたりしようと思う。

当初の旅の目的の「メシの種を探す」ってのが達成できた。

 

 

最後に、ベルリンというか、ドイツは生産性の高さが日本人より1.5倍もある。

僕は、ドイツ人は、無駄な作業はしないから生産性が高いと思っていたけど、来てみたら、原因は別の所にありそうだ。

(たぶん無駄な事をしないだけで、生産性はココまで差が付けられない。)

 

なんというか、彼らは暴力的とも言っていいほどイノベーション気質が高い人達なんじゃないかと思う。

 

下はベルリンの大ショッピングモールの巨大テレビ、タブーな政治ネタで、北朝鮮の代表と、トランプ大統領がロケット花火で遊んでいるのを放映している。ここまで挑戦的な事を許してしまう風土は、大らかだが、攻撃的な批判精神を感じてしまう。

youtu.be

(米国や日本ではこんな広告はクレームが来て載せられないだろう)

 

 

ドイツは、過剰に刷新していこうという気風があるんじゃないかと思う。 

日本にいてドイツの会社で耳にするのは、IT企業の経営統合管理ソフトのSAPだったり、人工知能で自動運転ができると言ってるベンツだったりするけど、やり過ぎて、詐欺っぽく思えるのが多々ある。

日本の神戸製鋼なんかは、韓国やインドの鉄鋼メーカに競争で勝てそうにないから苦し紛れに不正を働いてしまったんだろうけど、ドイツは逆で、最初からとても出来そうにない事を言ってしまいそうな人達だと思う。

 

僕は、経営が分からないのでSAP(大風呂敷を広げてる事で評判は悪い)は悪く言えないけど、人工知能である統計学で自動運転ができる車のベンツは怪しいと思っている、統計学は、検索で確からしいものとか検索するのには向いているけど、車の運転は向かない様な気がする。

ドイツは無理にでも業界刷新をやりたがっている人が多く、しかし、その風土が生産性の向上になって表れやすいんじゃないかと思う。

 

しかし、業界刷新のマインドこそが、商人の基礎だとおもう。

「ベンツは自動運転してくれるんで、運転中寝てても良いんですよ」

と言われたら、良いなと思うし、トヨタ車より高い値段を付きそうだ。

 

だから、僕の様に、なにかメシの種を探しに行くとしたら、そんな人はめったにいないだろうけど、ドイツがよいだろう。

僕はベルリンには6日しか滞在しなかったけど、他の国と同様2週間は滞在するべきだった。

でも外食産業の人達はドイツなんかに来ても全く参考にならない。総じて不味い。

 

以上で、ブログは終わり。

ベルリン(ベルクハイン)

僕は、今、テクノ音楽はさほど好きじゃない。昔は好きだったけど…。

通常の音楽は、
最初の10年:黎明期
次の10年:迷走期
次の10年:神話期
と進み、

 

ロック音楽で言えば

黎明期:1960年代:ビートルズジミヘンドリックスが出て活躍
迷走期:1970年代:ステージ衣装がころころ変わるデヴィッドボウイや、過剰にメロディアスなレッドツェッペリン、変に大げさだったり深層心理を探るピンクフロイドが出て活躍
神話期:1980年代:マイケルジャクソンや、マドンナの様な、実体はともかく情報操作と、人前に出た時のパフォーマンスで神話化を進める。


という手順を踏んでいる。今のレディガガやテイラースウィフトは音楽性うんぬんより、神話化されたパッケージだ。
(たぶん作曲よりプロモーションビデオ作製の方がお金が掛かっている。)


僕はガガは、好きだったりする。僕も含めみんな神話っぽいのが好きなのだ。
それはそれで良い。

 

でも、テクノは、黎明期、迷走期と進んだが、人が歌ってないので、神話化しずらく、2000年代で廃れてしまったと思っている。
(日本ではPerfumeみたいなので神話化みたいなのは進められたけど、特殊事例だし、テクノはコンピュータを多く活用しているので表現の幅も狭い理由がある)

 

 

だから、ベルリンには、世界一と言われるベルクハインというテクノのクラブがあると聞いたときは、1990年代ならわかるけど、テクノなんてオワコン(終わったコンテンツ)でしょ?と思っていた。

 


しかし、音楽うんぬんより、ベルクハインは、入場前にガードマンの審査があって、ダサい人が入場できない事で有名らしい。そんなヘンテコなのなら観に行ってもよいかもなと考え直して行ってきた。

 

 


深夜24時以降に、2時間近く並ぶ事となる。

f:id:horixx:20171021020703j:plain

並んでいて気が付いた!。

おそらく、これは並ばせることに意味があるのではないか?!。ベルクハインは週末しか営業してないからオペレーションを効率良くすれば、並ばなくても済むのだろう、だけど、お店は2時間も並ばせられる店という印象を与えたいのではないだろうか?

きっと、これは彼らの戦術だ。

(写真は撮ってはいけません)

 

 

f:id:horixx:20171021013146j:plain

コノ人はお洒落だな。この娘は可愛いなと思う人が入場拒否を食らっている。落とされた人の半分ぐらいは文句を言って出て行ってる。連続して人が拒否されているので、何か落とす時期に入ったら機械的に落としている様な気がする。合格ラインが分からないと、ドキドキしてしまうな…

たぶん、理由も分からず落とされる人もいるというのが、このクラブに来たくなる要因の一つにもなっているかもしれない。

 

 

一緒に笑ったりしてた僕の前の人達(アジア人と黒人)は落とされた。次は僕か…。

ガードマン:「お前は一人で来たのか?」
僕:「アイン(一人)さ!」(自信を持って)
ガードマン:「悪いけど帰ってくれ。」
僕:「えーーっ(ガーン)」

 

んー。過度に自信を持ったのがイケなかったのか?。やっぱ服がダサすぎるのか。

歳を取り過ぎたか(42歳だし)

 

入場はできなかった…。
しかし、このベルクハインは、内部がどこがどう凄いのか、具体的に明確に語っている人はいない。ベルクハインの前に1990年代に世界一と言われていた、NYのパラダイスガレージというクラブでは、音響技術が凄く人の声の音域は音が消されているので、爆音の中でも普通に会話できるとか、ラリーレバンってすごいDJがいるとかあったけど(むろん僕は行った事はない)、ベルクハインではっきりしたのはない。

もう、クラブでは差別化はしづらいのかもしれない。

 

僕はベルクハインは、不合理な理由で判別されるというマーケティング戦術で、世界一になったのだろう。入場はお断りだよと言われたら、遠くからでも観に行きたくなる。

ベルリン(ワイルドサイドを歩け)

ベルリンに来ている。

泊まってるゲストハウスの同じビルで下のイベントをやってて、僕も行きたくなった。

youtu.be

これは、参加者も1920年代風のドイツのボヘミア文化のカッコ(賭博師、ギャング、ボヘミアン、詐欺師とか)をし、なんか1920年代風のショーを観たり、タロット占いをしたり、踊ったりするらしい。
ヨーロッパの人ばっかり参加しているので、1920年代の映画のワンシーンに見え間違えがちになっちゃうけど、客は遊びに来た人達だ。
なんちゅうカッコいいパーティだろう。

こんな客にめんどくさい事をさせるのはドイツならではだろう。

 

上のパーティは日程が合わないので、ゲストハウスの店の人に別のショーを紹介してもらって、昨日行ってきた。

 

youtu.be

これは、すごいよ!。完全に魅了された。
・3枚目役の男性。
・絶対喋らない美人のクレオパトラみたいな女性
・かなり芸達者で、あえて、半音ずらしたり、遅らせて歌ったりしている女性
などが出てきて、魅惑、お笑いと展開があり90分間飽きない。

 

全員、服は脱ぐけど、すごいクオリティが高くて洗練されている。
僕は最初、観客は男しかいないだろうと思ったけど、女性が4割もいる。

ドイツは性に大らかで、文化が違うんだろう。

 

日本は、性は隠すものという認識が強いので、「日常」と「性」は離れたところにあるんだろうけど、ドイツは「日常」と「性」は近いのだろう。だから「性」のショーに笑いとかドラマがあってもOKと思うんだろう。


店で置いてあったパンフレットをもってきたんだけど、全部同性愛のモノだった。

f:id:horixx:20171019091732j:plain

(意図がよくわからないんだけど、こういう店には同性愛者の人がたくさん来るんだろうか?)

ポーランド(有名な観光地では、あんまり良い思いはしない)

基本、有名な観光地では、あんまり良い思いはしない。

有名な観光地になると、僕もそうだが一生懸命ぼったくる事を優先して考え、気の遠くなる様な商品開発やサービス改善は2の次になっていく、観光客も一見さんなので、旅の恥は搔き捨てで、普段より荒っぽい事をしでかす人が出てくる。


そのため、どうしても、社会信用が低下しがちになる。
僕もいろいろ詐欺にあった、プラハではとんでもないレートで両替して大損させられたり、ブダペストでは、ゲストハウスで住んでた人が追い出されたりした。

 

しかし、ポーランドは、観光地では有名ではないのもあるし、根が暖かく、やさしい人が多い。

まだヨーロッパは3か国しか回ったことは無いが、この国が一番おすすめだ。

 

ホームレスの人に食料を買ってきて届けてあげる人がいたり、僕もココで、グラフティ(壁の落書き)のガイドを無償でしてくれるおばあさんに、街を案内してもらったりした。


みんな良い人ばかりなので、一人ホテルに帰ると、自分の心醜さを反省し今日は涙が止まらない。もう42歳だし年のせいなのかもしれない。

 

・もう少し、ガイドして頂いたおばあさんに感謝の意を表すことができなかったのか?(相手は英語ができない)

f:id:horixx:20171014145413j:plain

ポーランド第2の都市ウッチでは、壁の落書き(グラフティ)が有名)

 

・街で障害を持った人達のアートを観たけど、買ってあげるべきでなかったのか?

f:id:horixx:20171014153352j:plain

(ウッチで観たアート、すごい気に入ったんだけど、昨日投資で負けたので、ついつい買ってあげれなかった。)

 

・ホームレスの人に、僕も食料を届けてあげるべきでは無かったのか?

 

といったふうに後悔し、彼らと比べて、なんと自分は醜い事だろうか!

 と感嘆する。

 

あくせく金の話ばかりして、金といっても投資なんで、基本相手を陥れる仕事なのだ。

 

 

旅の主な収穫は、世間を見物するのではなく、普段とは違った外部環境に身を置き自分を見つめなおすことなんだろうと思う。いつも自分を省みる事が多い。

ポーランド(ルーマニアのディーラー)

旅の最初にブダペストにいた頃、ルーマニアの株式か、なにかのヘッジファンドで働いていた若い人が、同じ部屋にいて投資の話を聞かせてくれた。

 

僕が部屋に閉じこもってトレードをしていると、

「君は何の証券会社を使っているんだ?」

「なんだ、為替相場か、株式相場じゃないのか?」

「自己資金でやってるのか?それはいいな。」

「俺は昔、ヘッジファンドで働いてたけど、君の買った投資信託みたいなのが、僕がいたルーマニアの会社に流れてきて、売買する事になる。投資信託みたいなのはするべきじゃないぜ、さんざんリスクを取らされるんだ。リスクを取れば、一時的に儲かるかもしれないけど、大きく損をする可能性が高い。それで、人の金でこんなひどい事やるのはもう嫌だ思って仕事を辞めたんだ。良心に反するからね。今は大学で工学を専攻している。」

「俺も、自己資金で取引出来たら良いのにな。いいか!投資は、リスクさえ減らせば勝てる。簡単さ!。過剰にリスクと取ると負けるのさ。」

 

 

と言っていた。若い方だったけど、僕は、リスクの大小の重視というのが日本人ではあまり見ないので面白いと思った。このルーマニア人の話はウソやはったりでなく、本当のディーラーだったのだろう。

 

投資の門外漢は「いくら儲けたぜ」とかいった話をしたがる、結果重視の人が多い。リスクといった言葉しか出てこないのは本業だろう。

 

僕は職業は、プログラマーもやってたけど、ネットワークエンジニアの経験が長い、ネットワークエンジニアの本物のプロは失敗した場合どう収束させる話、つまりリスクの話をしたがる。あんまり大風呂敷を広げたりしない。また、その本物のプロは案外少なかった。

 

 

僕個人の話となるが、久しぶりというか、2年ぶりに今日はトレードで負けてしまった。普段、旅先で負ける事がなく、常に収入を増やして日本に帰って来てたんだけど、今回はリスクを取り過ぎた。

 

僕の場合、暇でしょうがないぐらいにトレード回数を絞り込んで、バカでも儲かるタイミングまで待つスタンスでないと、なかなか利益には辿り着けない。

ポーランド(Home under the Hammer)

英国BBC放送で、Home under the Hammerという番組がある。

 

これは、ギャンブル大国イギリスならではの番組なんだけど、競売で家を落札し、リフォーム後、売りに出すときいくら儲ける事になったか?をただひたすら観てる番組だ。

日本のビフォーアフターみたいだけど、いくらマネーになるか?を気にしているのが英国らしい。
さほど面白いわけでないけど、BBCではこの番組を週に3回程やってる。英国では人気なのだろう。

 

実際の番組は、youtubeで何話か観れる

youtu.be

 

これを観て、

「すげーな。良いな。イギリスでは中古住宅販売が盛んで、無理に新規住宅を買わなくていい。また、いらなくなったら高値で売れそうだ」

 

と思ったりしていた。

 

僕の知り合いや、会社の後輩は、みんな結婚して、新規住宅を買う羽目になってしまってる。ローンで2千万~5千万の新規住宅を買って、売るときはタダ同然なんだろう。

 

そういうのを観てたら、滅多に起こりえないが、日本の女の子に連絡先を聞かれても、僕は教えない様になっていった。

いざ結婚とかになったら、経済的な余力も無いし、新規住宅にそこまで価値があるかと言われたら無い様な気がするからだ。

 

 

昔、建築士の知り合いに聞いたところ、

「ヨーロッパは湿気が無いので住宅は何百年も持つんだ。日本は湿気が強いので住宅は50年ぐらいしか持たなくて価値がなくなるのさ!」

と言っていた。

 

 

しかし、ここポーランドに10月にやって来たら、驚いた。

毎日、毎日雨ばかりなのだ。たまに曇り空になる。その時は幸せを感じる。

現地の人に聞けば、秋と冬は雨ばかりなのらしい。ポーランドはこの時期、湿度は高そうだ。

 

という事は、何か日本の建築士の言っていたことは、変な事に気が付く、ヨーロッパの住宅が長持ちするのは決して湿度が低いわけじゃないかもしれない。

疑問に思ってヨーロッパの湿度を調べると、イギリスの湿度は、日本より遥かに高い。でも中古住宅の販売が盛んで番組ばかりやっている。

 

 

という事は、日本の住宅ってのは、手直ししたら、もう少し持つのかもしれない。


僕が思うに、住宅市場で新築の家ばかりが目立つのは、日本独自の文化なんだろう。人の使っている箸や茶わんは、汚いと思うという、”キタナイ文化”のせいなのかもしれない。

 

 

 

米国の中古住宅市場は、新規住宅市場の6倍の規模だ。

日本もどんどん貧乏になっていくし、日本の独自事情は無くなり、国際標準に近づいていくだろうと思う、中古住宅市場がメインになっていくんだろうと思う。



住宅メーカは、リフォーム業者みたいなのがメインになっていくだろう。

中古住宅のリフォーム業者で儲ける事もできるかもしれない。

ポーランド(トルコ急落)

東欧で国を回っても、仲良くなるのは、マイノリティの国の人々だ。

 

僕の消極的な性格もあって、なかなかポーランド人とは久しくなれない、そもそも、ポーランド人からしたら、沢山母国語を話せる人達がいる中で、素性の分からなくて、英語も満足に話せないー旅行者と仲良くなってもしょうがないと思うだろう。

 

僕も、日本にいるときは、働きに来た人達、例えば、中国人やベトナム人は、同じ職場に居ない限りはなかなか接点が生まれなくて、仲良くなる機会がない。

 

しかし、ここにいたら明るくマイノリティの国の人達は話しかけてくれる、場所的には東欧なので、トルコ、アゼルバイジャンカザフスタンと中東の人達が多い。

たぶん、スペイン、イタリアなどにいったら、アフリカ系の人達と仲良くなることが多くなるだろう。

 

 

彼らは、なんでも教えてくれるので、僕は、ポーランド料理よりトルコ料理の方が詳しくなった。実際にトルコ料理はエキゾチックで美味しそうだ。

 

 

f:id:horixx:20171010040724p:plain

(なぜか分からないが、マイノリティの国の人達は、母国の料理の自慢などしてくれる。)

  

f:id:horixx:20171006175021j:plain

(↑頂いたトルコの干しイチジク、トルコでは特産品で安いらしい)

 

 

そんなんで、彼らからトルコのエルドラン大統領の事とか、教えてもらったりした。

また、1年前のトルコクーデータ未遂事件で、トルコ円が激しく下落したので、僕もトルコの政治問題の本は読んだりして少し知ってる。

 

トルコ情勢については、ぼくは下記の本が好きだ。

www.amazon.co.jp

 

 

月曜、米国トルコ間、労働VISA禁止により、朝7:00のトルコ円の急落は、日本市場のオープン後だった、殆ど日本人の投資家の性なんだろう。

<TRY/JPY 1分足チャート>

f:id:horixx:20171010031531p:plain

朝7:00の日本のFX市場開始とともに、トルコ円が急落している。

 

 

クリック365(日本人のポジションが分かる)では、未決済のポジションでトルコ円は買いが売りの10倍もあった。この人達の損切りだったのだろう。

f:id:horixx:20171010031715p:plain

トルコ円はほとんど日本人ばかり買ってて、それがトルコ下落の引き金になったのだと思っている。

 

大部分の日本人は、トルコの政治とか調べずに、トルコ円を買っていると思う。

 

なんというか、国民性というか、日本人は豊臣秀吉朝鮮出兵や、第2次世界大戦の海外植民政策を観る感じでは、他国の国を詳しく調べたりするのが苦手な国民性だ。

 

なぜ、あんな不世出の天才秀吉や、陸軍士官学校出の超エリートが、他国を侵略したら、たちどころに失敗したのは疑問だが、しかし、バカな僕が代わりにやったらもっとひどいことになるだろう。

 

でも、日本人は、自動車や、アニメをコピーして良いものを作るのは得意だったりする。島国だから島から外の事は考える習慣が無くて退化してしまったんだろう。

 

島内の事を考える力が発達して、空気を読むという独自の言葉が日本人にはある。 

かなり島内の事を考える事が得意なあまり、島より外の事を想定するのは苦手なんだろう。 僕も苦手だ。

 

 

ポーランド人には日本人はチーズケーキの調理法ではかなわないけど、生魚の扱いはポーランド人は逆立ちしても日本に追いつけないのと一緒だ。世の中向き不向きがある。

 

だから、よっぽど好きでない限り、日本人は海外動向を調べる作業が多いFX、海外株、原油先物とかはやらない方が良いだろう。最も向かない職業だ。